BCG

BCG予防接種が集団接種から個別接種に変わりました

BCG予防接種は、2015年4月1日から医療機関での個別接種に変更となりました。

結核、BCGワクチンについて

結核は結核菌の感染で起こります。日本では昔に比べると結核患者は減少しましたが、毎年2万人近い患者が発生しています。乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎にかかることもあり、重い後遺症を残す可能性もあります。
BCG接種による結核予防発病効果は以下のようなものです。

  • 適切に行われれば結核の発病を、接種しなかった場合の4分の1くらいにおさえます。
  • 結核性髄膜炎や粟粒結核など小児の重篤な結核の発病予防には特に効果は確実です。
  • 一度接種すればその効果は10~15年程度持続します。

対象者及び接種回数

対象

1歳未満(標準的な接種期間は生後5か月以上8か月未満

接種回数

1回

実施医療機関

町田市の指定医療機関(以下のページをご覧ください)

八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内の指定医療機関(以下のページをご覧ください)

  • BCGは集団接種の場合がありますので、市が指定した会場での接種となる場合があります。
  • やむを得ず町田市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内指定医療機関以外で定期予防接種を希望される方は、接種の10日前までに保健予防課へご連絡下さい。(電話:042-724-4239)

診療時間等はこちらをご覧ください

各医療機関の情報を掲載しています。

「のびっこ」第6章にて一部医療機関の診療時間及び予防接種の時間帯を掲載しています。
掲載されている情報は変更になる可能性があります。

接種方法

事前に医療機関へ予約し、母子手帳を持参して接種してください。
母子手帳の持参が無い場合は、原則として接種できません。

必要に応じて、髪をくくるゴム等をご用意ください。
髪の長いお母様の場合、ワクチンが乾くまで待つ間に接種液が付着する恐れがあります。

個別通知時期

生後4か月になる月の末ごろ

関連情報

各予防接種に関する情報を提供しています。

その他の定期予防接種について

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 保健予防係
電話 042-724-4239
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年04月15日