インターネット等で販売される母乳に関する注意喚起

今般、母乳をインターネット上で売買している実態があるとの報道がありました。

既往歴や搾乳方法、保管方法等の衛生管理の状況が不明な第三者の母乳を乳幼児が摂取することは、病原体や医薬品等の化学物質等が母乳中に存在していた場合、これらに暴露するリスクや衛生面でのリスクがあります。

市では、母乳に関する相談について、助産師が対応しております。

母乳を通じて感染する可能性がある病原体の例

  • HIV(ヒト免疫不全ウイルス)
  • HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)

参考ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先

保健所保健予防課母子保健係
電話 042-725-5422
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年10月14日