児童虐待についての相談・通告

虐待というと、子どもの身体を傷つける暴力を思い浮かべます。
しかし、虐待はそれだけではありません。
心を傷つける言葉を浴びせることも、わいせつな行為を見せることも虐待です。
さらに、不衛生な状態で放置されたりする子どももいます。
こうした行為はすべて虐待です。
児童虐待防止・発見は地域の見守りからです。
「近所の家の親子が心配」「様子が気になる子どもがいる」など、気づいたらご相談ください。
相談した人の情報を保護者等に教えることはありません。
ひとりで悩まないで相談機関に心配な思いを伝えましょう。

児童虐待とは?

身体的虐待

  • 殴る、けるなどの暴行
  • タバコの火などを押しつける
  • 逆さづりにする
  • 冬戸外に長時間しめだす など

心理的虐待

  • 無視、拒否的な態度
  • ば声を浴びせる
  • 言葉によるおどかし、脅迫
  • きょうだい間での極端な差別扱い
  • 子どもの目の前でドメスティック・バイオレンス(配偶者に対する暴力)を行う など

性的虐待

  • 性的いたずら
  • 性的行為の強要
  • 性器や性交を見せる
  • ポルノグラフィーの被写体などを子どもに強要する など

ネグレクト (養育の放棄または怠慢)

  • 適切な衣食住の世話をせず放置する
  • 病気なのに医者にみせない
  • 乳幼児を家に残したまま度々外出する
  • 乳幼児を車の中に放置する
  • 家に閉じこめる (学校等に登校させない)
  • 保護者以外の同居人による虐待を保護者が放置する など

虐待防止啓発冊子

相談・通告先

  • 町田市子ども家庭支援センター 電話 042-724-4419(月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時)
    まこちゃんダイヤル(子ども専用相談ダイヤル) 電話0120-552-164(月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時)
  • 児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)24時間受付
  • 八王子児童相談所 電話 042-624-1141(月曜日~金曜日 午前9時~午後5時)

今、叩かれている、危険があるなどの場合は、警察へ通報してください。

相談・通告の受付状況

町田市子ども家庭支援センターの虐待相談及び全相談の受付件数の資料はこちらです。

コンピュータもしくはスマートフォンよりPDFファイルをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

子ども生活部 子ども家庭支援センター
電話 042-724-4419
ファックス 050-3101-9631

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/9

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年05月31日