水痘(水ぼうそう)

水痘(水ぼうそう)と水痘ワクチンについて

水痘は、水痘・帯状疱疹ウイルスの感染で起こります。初感染では、発熱とともに全身に水疱性の発疹が出ます。水痘ウイルスは回復後も長く体内に持続感染する性質があり、なにかのきっかけで体の免疫機能が低下すると再活性化し、帯状疱疹となって現れます。脳炎や膿痂疹で重篤になることもあります。

妊娠初期で感染した場合は胎児が先天性水痘症候群を、出産前3日から出産後2日までに感染した場合、新生児が水痘を発症するおそれがあります。

対象者及び標準的な接種間隔・回数

対象者

1歳以上3歳未満

接種回数

3か月以上の間隔をおいて2回

  • 任意接種として1回接種している場合は、残りの1回を接種して下さい。
  • 任意接種として2回接種している場合は、接種の必要はありません。
  • 3歳間近のお子さんで、2回目の接種が3歳を超える場合、2回目は定期接種の対象になりません。

標準的な接種間隔

1回目

1歳から1歳3か月未満

2回目

1回目終了後6か月から12か月未満

水痘ワクチン接種間隔を表したイラスト

標準的な接種間隔・回数

実施医療機関

町田市内の指定医療機関(以下のページをご覧ください)

八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内の指定医療機関(以下のページをご覧ください)

やむを得ず町田市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内指定医療機関以外で定期予防接種を希望される方は、接種の10日前までに保健予防課へご連絡下さい。(電話:042-724-4239)

診療時間等はこちらをご覧ください

各医療機関の情報を掲載しています。

「のびっこ」第6章にて一部医療機関の診療時間及び予防接種の時間帯を掲載しています。

掲載されている情報は変更になる可能性があります。

接種方法

事前に医療機関へ予約し、母子健康手帳を持参して接種してください。

母子健康手帳の持参が無い場合は、原則として接種できません。

個別通知時期

1歳になる月の始めごろ

関連情報

各予防接種に関する情報を提供しています。

その他の定期の予防接種

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 保健予防係
電話 042-724-4239
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年05月31日