四種混合<DPT-IPV>(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ)

2012年11月1日から四種混合ワクチンの接種が始まりました。
四種混合の導入前に不活化ポリオ、または三種混合を1回以上接種している場合、それぞれのワクチンを最後まで接種することが推奨されています。

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオと四種混合<DPT-IPV>ワクチンについて

四種混合ワクチンは、百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオの混合ワクチンです。

  • 百日せき:百日せき菌の飛沫感染でおこります。
  • ジフテリア:ジフテリア菌の飛沫感染でおこります。
  • 破傷風:土中の破傷風菌が、傷口からヒトの体内に入ることで感染します。
  • ポリオ:現在、野生のポリオウイルスによる新たな患者は出ていません。海外から野生のポリオウイルスが輸入された場合に備え、全国的に蔓延しないよう国民全体で免疫をつけておくものです。

対象者及び標準的な接種間隔・回数

  • 対象者:生後3か月以上7歳6か月未満
  • 接種回数:合計4回(初回3回、追加)
  • 接種間隔

初回接種時(3回分):1回ごとに20日から56日までの間に接種してください。

追加分:3回目終了後1年から1年6か月までの間に接種してください。

ワクチンの標準的な接種間隔・回数を表した画像

標準的な接種間隔・回数

実施医療機関

町田市内の指定医療機関(以下のページをご覧下さい)

八王子市・日野市・多摩市・稲城市内の指定医療機関(以下のページをご覧ください)

やむを得ず町田市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市内の指定医療機関以外で定期予防接種を希望される方は、接種の10日前までに保健予防課へご連絡下さい。(電話:042-724-4239)

診療時間等はこちらをご覧ください

各医療機関の情報を掲載しています。

「のびっこ」第6章にて一部医療機関の診療時間及び予防接種の時間帯を掲載しています。
掲載されている情報は変更になる場合があります。

接種方法

事前に医療機関へ予約し、母子健康手帳を持参して接種してください。
母子健康手帳の持参がない場合は、原則として接種できません。

個別通知時期

生後3か月になる月の末ごろ(3から4か月児健診のご案内に同封)
2回目以降については個別通知はいたしませんのでご注意下さい。

関連情報

各予防接種に関する情報を提供しています。

その他の定期の予防接種について

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 保健予防係
電話 042-724-4239
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2017年12月19日