不活化ポリオ

  • 生ポリオワクチンの予防接種は、2012年7月をもって終了しました。
  • 現在、不活化ポリオワクチンを定期予防接種実施医療機関にて実施しています。
  • 2012年11月1日から四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)ワクチンの接種が始まりました。三種混合または不活化ポリオを1回以上接種されている場合、それぞれのワクチンを最後まで接種することが推奨されています。

ポリオについて

日本では、1960(昭和35)年に、ポリオ患者の数が5千人を超え、かつてない大流行となりましたが、生ポリオワクチンの導入により、流行はおさまりました。1980(昭和55)年の1例を最後に、現在まで、野生の(ワクチンによらない)ポリオウイルスによる新たな患者は出ていません。現在ポリオワクチンを接種するのは、万が一、海外から野生株ポリオウイルスが輸入された場合に備え、全国的に蔓延しないよう国民全体で免疫をつけておくものです。

対象者及び標準的な接種間隔・回数

  • 対象者:生後3か月以上7歳6か月未満までのお子さんが対象です。
  • 標準的な接種回数・間隔

初回(3回):20~56日

追加(1回):1年~1年6か月

標準的な接種間隔・回数のイラスト

標準的な接種間隔・回数

標準的な接種間隔・回数 これまでの

生ポリオワクチン、不活化ポリオワクチン(任意)の接種歴に応じて、必要な接種回数異なります。
詳しくは以下のPDFファイルをご覧ください。

実施医療機関

町田市内の指定医療機関(以下のリンク先をご覧ください)

八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内の指定医療機関(以下のリンク先をご覧ください)

やむを得ず町田市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内指定医療機関以外で定期予防接種を希望される方は、接種の10日前までに保健予防課へご連絡下さい。(電話:042-724-4239)

診療時間等はこちらをご参照下さい

各医療機関の情報については、こちらリンク先をご参照下さい。

「のびっこ」第6章にて一部医療機関の診療時間及び予防接種の時間帯を掲載しています。
掲載されている情報は変更になる可能性があります。

接種方法

事前に医療機関へ予約し、母子健康手帳を持参して接種してください。
母子健康手帳の持参が無い場合は、原則として接種できません。

個別通知時期

  • 現在、不活化ポリオの通知はお送りしていません。2012年8月以降に生まれた方には、新しく導入された四種混合(ポリオを含む混合接種)の通知を生後3か月になる月の末にお送りしています。
    (3~4か月児健診のご案内に同封)

関連情報

各予防接種に関する情報を提供しています。

その他の定期予防接種について

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 保健予防係
電話 042-724-4239
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年05月31日