学校施設におけるブロック塀等の緊急点検の結果について

2018年6月18日に発生した「大阪北部地震」を受けて、町田市では建築技術職員及びその他技術系職員による学校施設のブロック塀等の緊急点検を実施いたしました。

その結果、市内62校の小中学校のうち、29校95個所にブロック塀が、1校1箇所に万年塀があることが確認できました。このうち建築基準法施行令(1981年(昭和56年))に適合しないブロック塀は25校56個所あり、破損、風化が著しいブロック塀と万年塀については3校4箇所でした。

緊急点検により判明した、建築基準法施行令に適合しないブロック塀、劣化しているブロック塀や万年塀の他、危険個所については、施設の状況に応じて撤去や改修等、安全を確保するための是正措置を進めます。

学校施設以外の対応についてはこちらをご覧ください。(新しいウインドウで開きます。)

 

ブロック塀の例

 

 

緊急点検について

点検内容

点検対象

町田市立の小学校42校と中学校20校(計62校)

点検実施期間

2018年6月19日(火曜日)から6月27日(水曜日)

点検方法

学校現場での目視による調査

点検実施者

町田市の建築技術職員及びその他技術系職員

点検の視点

ア 建築基準法施行令第61条又は第62条の8の規定に適合していないブロック塀の確認

  • 高さ2.2メートル以下であること(地表面からの高さを計測)
  • 壁の厚さは15センチメートル以上であること
  • 長さ3.5メートル以下ごとに控え壁が設けてあること(高さ1.2メートル以下は除く)

イ 破損、風化の著しいブロック塀と万年塀の確認

 

点検の結果

建築基準法施行令の規定に適合していないブロック塀がある学校

  • 敷地内にあるブロック塀の控壁がない学校(23校)
  • 敷地内にあるブロック塀の控壁の長さ又は高さが不足している学校(2校)
  • 敷地内にあるブロック塀の控壁の間隔が適合していない学校(1校)

破損、風化の著しいブロック塀等がある学校

  • 敷地内にあるブロック塀の一部が破損している学校(3校)
  • 敷地内にある万年塀の一部が破損している学校(1校)

※具体的な学校名については、対応状況のページをご参照ください。

今後の対応について

町田市では、プール施設における、危険個所としたブロック塀等について、回避するための動線の確保や、教職員による安全確保に努め、2018年度の夏季プール指導を9月をもって無事に終了しました。

今後は、プール施設における危険個所の改善を早期に実施できるよう、準備を進めてまいります。

対応状況については、こちらのページをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育部施設課
電話 042-724-2174
ファックス 050-3161-7984

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/16

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年12月28日