体罰防止の取組

体罰は子どもの人権を侵害する行為であり、決して許される行為ではありません。町田市教育委員会では、これまでも教育委員会と各学校が連携して体罰の防止に努めてまいりましたが、今後も「体罰の根絶」に向けて取り組んでまいります。
なお、今までの取組、今後の取組は以下のとおりです。

2012年度までに取り組んだ内容

  • 大阪市の事件を受けて、2013年1月9日に、全小中学校に対し「体罰防止」について改めて周知を図りました。
  • 2013年2月22日には、「部活動指導者研修会」として、FC町田ゼルビア相談役、NPO法人アスレチッククラブ町田理事長の守屋実(みのる)氏を講師として招聘し、「コーチングの在り方」というテーマで、臨時に研修会を実施しました。全中学校の部活動指導者とともに、小学校の教員も参加しました。なお、この研修会は伝達研修とし、受講者が各学校にて、再度全教員に伝えています。
  • 町田市教育委員会で発行している「人権教育だより」に体罰防止に関する内容を記載し、全教職員に配布しました。
  • また、「広報まちだ」に子どもの悩み事相談機関の紹介記事を掲載し、相談内容に体罰を追加しました。

2013年度取り組んだ内容、今後取り組む内容

  • 定例校長会、副校長会において、体罰防止の徹底について繰り返し周知します。
  • 教員研修として、1年次から3年次までの若手教員育成研修や人権教育研修において体罰防止研修を実施します。
  • 2012年10月から毎月実施している、全児童・生徒を対象にした「心のアンケート」からも、様々な子どもの状況を掌握していきます。
  • 体罰禁止の徹底と児童・生徒理解に基づいた指導の充実のために、2013年9月に体罰防止リーフレット「ストップ体罰『しない・させない・許さない』」を作成し、市立小・中学校全教員に配布しました。2013年11月には、「部活動編」を作成し、市立中学校全教員及び外部指導員、市立小学校全校に配布しました。
  • 2014年度から市立小・中学校全校の学校評価に、体罰防止に関する評価項目を設定します。
この記事に関するお問い合わせ先

学校教育部指導課
電話 (管理係)
042-724-2154
(教職員係)
042-724-2179
ファックス (共通)
050-3161-8122

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/19

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年08月07日