町田市利用者負担額等における寡婦(夫)控除のみなし適用について

更新日:2018年09月26日

子ども・子育て支援法施行令等の改正に伴い、平成30年9月から「未婚のひとり親家庭」の保育料を、寡婦(夫)控除のみなし適用により軽減します。

(1)対象者 平成29年12月31日時点及び申告日現在において、次の要件に該当する方

ア 母の場合

未婚の母であり、扶養親族又は生計を同じくする子(総所得金額等38万円以下の子で、他の人の控除対象配偶者又は扶養親族となっていない子に限ります。)がいること。

イ 父の場合

未婚の父(合計所得金額が500万円以下の父に限ります。)であり、生計を同じくする子(総所得金額等38万円以下の子で、他の人の控除対象配偶者又は扶養親族となっていない子に限ります。)がいること。

平成30年度9月~3月分の保育料
所得の計算の基準となる年

平成29年

※「未婚のひとり親」とは、婚姻によらないで母又は父となった者であって、現に婚姻(事実婚を含む。)をしていないものをいいます。

※子が平成29年12月31日後に生まれた方、現に事実上の婚姻と同様の事業にある方、寡婦(夫)控除を受けている方、生活保護受給者、市町村民税非課税の方、未申告等により所得割等が算出されていない方は、対象となりません。

※みなし適用を受けても、保育料が変わらないことがありますので、ご了承ください。

(2)申告方法

みなし適用を受けるには、申告が必要です。町田市利用者負担額等における寡婦(夫)控除のみなし適用申告書(PDF:79.1KB)に、申告者の戸籍全部事項証明書(発行後3か月以内のもの)を添付のうえ、町田市役所子ども生活部保育・幼稚園課にご提出ください。

この記事に関するお問い合わせ先

子ども生活部保育・幼稚園課支援係
電話 042-724-2137
ファックス 050-3161-8635

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/8

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html