2019年度保育園等入園の申込みに必要な書類について

更新日:2018年10月15日

町田市内の認可保育所等【認可保育園・認定こども園(保育を必要とする場合)・小規模保育園・家庭的保育者(保育ママ)】の、2019年度保育園等入園の申込みに必要な書類は以下の通りです。

A.すべての方が必要な書類

・2019年度町田市子どものための教育・保育給付支給認定申請書(保育用)兼保育の利用申込書

・2019年度保育の利用申込みに関する同意書(保育・幼稚園課提出用)

B.保育の必要性を確認する書類(父母および60歳未満の同居の祖父母)

C.状況により必要な書類

D.税額のわかる書類

 

  • 受付の際に書類のコピーはいたしません。コピーが必要な方はあらかじめご自身でコピーをしてからお申込みください。
  • 町田市外の保育園等を希望される場合は、保育園等の所在する市区町村の保育園担当部署に、申込み締切日・必要書類・申込み条件等を確認し、その入園申込み締切日の1週間前までに必要書類を揃えて町田市役所2階保育・幼稚園課204窓口で申込み手続きをしてください。

A. すべての方が必要な書類

2019年度町田市子どものための教育・保育給付支給認定申請書(保育用)兼保育の利用申込書

こちらからダウンロードできます。【1】の書式です。

2019年度保育の利用申込みに関する同意書(保育・幼稚園課提出用)

こちらからダウンロードできます。【5】の書式です。

B. 保育の必要性を確認する書類(父母および60歳未満の同居の祖父母)

  • 保育が必要とみなすことができるのは、保護者の就労等にかかる日数が月12日以上、かつ、時間が1日4時間以上ある場合です。
  • 保護者(父母)の保育を必要とする状況がわかる書類が揃っていない場合は受付ができません。
  • 60歳未満の同居の祖父母がいる場合、保護者と同様に保育を必要とする状況がわかる要件の書類が必要です。期日までに提出されない場合は、書類不備での選考となります。
  • 入園希望月1日の保育を必要とする状況がわかるものが必要です。
  • 保育を必要とする状況が2種類以上ある方、勤務先が2社以上ある方等は、保育を必要とする状況がわかる書類をすべて期日までに提出してください。

・書式はこちらからダウンロードできます。

就労している・就労が内定している方

  • 就労証明書(証明日より3か月以内有効、訂正には代表者の訂正印が必要、修正液・修正テープ等を使用した訂正は無効、実績(就労日数)未記入等、不備がある場合は再提出の依頼をすることがあります。)を提出してください。
  • 変則勤務の方は、直近2か月分のシフト表も提出してください。
  • 居宅内就労と居宅外就労を掛け持ちしている場合や、2社以上で勤務している場合等は、シフト表やスケジュール表等も提出してください。
  • 自営で居宅外での就労の方は、就労証明書のみ提出してください。ただし、場合により業務の成果物が確認できる写真等の提示または提出を求める場合があります。自営で居宅内での就労の方は、スケジュール表も提出してください。自営の方で収入がゼロの場合は、仕事の成果が客観的にわかるもの(写真等)をご用意ください。
  • 内職の方は、スケジュール表と直近の納品書もしくは発注書も提出してください。

法令に基づく育児休業取得中の方(入園月内での復帰が条件です)

  • 育児休業を取得している就労先の就労証明書(証明日より3か月以内有効、訂正には代表者の訂正印が必要、修正液・修正テープ等を使用した訂正は無効、実績(就労日数)未記入等、不備がある場合は再提出の依頼をすることがあります。)を提出してください。
  • 育児休業給付金決定通知書(公務員の方は育児休業承認書)のコピー、または勤務先の育児休業制度がわかる就業規則(育児休業制度に関するページの抜粋で可、会社名のわかるページのコピーまたは社判押印が必要)のコピーを提出してください。

出産事由で申込みの方

  • 母子健康手帳(母の氏名・分娩予定日のページ)のコピーを提出してください。

疾病・障がいの事由で申込む方、障がいがある方

  • 医師の診断書原本(証明日より6か月以内有効、疾病の場合は「診断名」と「初診日」の記述が必要)または有効期限内の身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳等のコピーを提出してください。

親族等の看護・介護をしている方

  • 看護・介護されている方の医師の診断書原本(証明日より6か月以内有効)または、有効期限内の身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳、介護保険被保険者証等のコピーを提出してください。
  • 看護・介護している方のスケジュール表を提出してください。

学校に通っている方・これから学校に通う方

  • 在学証明書及び時間割等のコピーを提出してください。
  • 就学予定の方は合格通知書及び年間のカリキュラムのコピーを提出してください。※場合によってはスケジュール表が必要です。

求職活動中の方

  • 申込み時に、求職活動中であることがわかる書類の提出は不要です。
  • 原則、保育時間区分は短時間(利用時間は最大8時間)です。
  • 入園して3か月目の15日(土曜日・日曜日・祝日の場合は前開庁日)までに就労証明書を提出してください。また、就労を開始する月の前月15日(土曜日・日曜日・祝日の場合は前開庁日)までに、「子どものための教育・保育給付変更申請書兼変更届」を提出してください。利用時間区分も、この届け書を提出することで変更できます。

災害復旧にあたっている方(ボランティア活動は含みません)・その他の理由の方

  • 保育・幼稚園課までお問い合わせください。

C.状況により必要な書類

他の保育施設を利用の方

  • 認証保育所・認可外保育施設・一時保育等を、直近2か月で12日以上・1日4時間以上利用したことがわかる、利用料の領収書のコピーや、利用料が引き落とされている通帳のページと通帳の名義人がわかる表紙のコピー、または施設発行の在籍証明書を提出してください。
  • 就労の要件で申込みをする場合、他施設利用で加点対象となるのは、就労証明書に直近2か月分の実績が記入されている場合に限ります。

 保育士等の免許をお持ちで、市内の保育園等または市内の東京都認証保育所で就労(採用予定含む)している方

  • 保育士証等のコピーが必要です。
  • 選考時に選考指数が加点になるのは、保育士・看護師・幼稚園教諭の免許をお持ちで、市内の保育園等または市内の東京都認証保育所で「1日6時間以上、かつ月20日以上」または「1日8時間以上、かつ月16日以上」の保育に従事している、または従事することが決まっている場合に限ります。
  • 転園申請の場合は、選考指数の加点の対象外となるため、提出は不要です。

 妊娠中の方

  • 母子健康手帳(母の氏名・分娩予定日のページ)のコピーを提出してください。

 ひとり親の方

  • 配偶者が行方不明で警察へ捜索願を提出して3か月以上経過している方は、申込み受付時に捜索願の受理番号を申し出てください。
  • 配偶者と住民票を別にして別居し、家庭裁判所へ離婚調停を申し立てしている方は、離婚調停の申立書のコピー及びひとり親として申込む方の健康保険証のコピーを提出してください。
  • 離婚を前提に3か月以上配偶者と住民票を別にして別居している方は、ひとり親として申請する方の健康保険証のコピーを提出してください。
  • 住民票を異動することはできないが、家庭裁判所へ離婚調停を申し立て、離婚調停の初回呼び出し日より3か月経過している方は、離婚調停の呼び出し状のコピー及びひとり親として申込む方の健康保険証のコピーを提出してください。
  • 離婚、死別、未婚の場合の必要書類はありません。ただし、父または母が住民票上同一住所の場合は、ひとり親としての申し込みにはなりません。
  • 健康保険証のコピーの提出が必要な方で、配偶者の健康保険等の扶養に入っている場合、もしくは、健康保険証のコピーの提出が期日までにない場合は「ひとり親」として申し込むことができません。 

D.税額のわかる書類

2019年4月から8月入園申込みの方

  • 父母ともに2018年1月1日に町田市に住民登録があった保護者は、申込み時に提出していただく書類はありません。

9月以降、待機児童となっている場合は、2019年度入園のしおり17ページ「9月以降入園申し込みの方」をご覧ください。新たに書類の提出が必要な場合があります。

  • 2018年1月1日に町田市外に住民登録があった方は、下記1から3いずれかの書類をご提出ください。
  1. 「平成30年度(2018年度)市町村民税課税(非課税)証明書原本」(2018年1月1日時点の住民登録地で取得できます。市町村によって名称が異なる場合があります。氏名及び市町村民税所得割、均等割額、所得等・控除の明細が記載されているものです。)
  2. 「平成30年度(2018年度)市町村民税特別徴収税額通知書(氏名及び市町村民税所得割、均等割額、所得等・控除の明細が記載されているページ)のコピー」
  3. 「平成30年度(2018年度)市町村民税納税通知書(氏名及び市町村民税所得割、均等割額、所得等・控除の明細が記載されているページ)のコピー」のいずれかを提出してください。
  • 生活保護を受給されている方は、生活保護受給証明書(コピー可)を提出してください。
  • 祖父母等と同居の場合で、父母の収入の合計額が生活保護基準以下の場合は、同居している祖父母等を主たる生計者として保育料を決定する場合があります。このため、同居の祖父母の税額がわかる書類の提出が必要となる場合があります。
  • 何らかの理由(海外在住等)で上記書類のいずれもない方は、保育・幼稚園課支援係までご相談ください。

2019年9月以降入園申込みの方

  • 父母ともに2019年1月1日に町田市に住民登録があった(または予定している)保護者は、申込み時に提出していただく書類はありません。
  • 2019年1月1日に町田市外に住民登録があった(または予定している)方は、下記1から3いずれかの書類を提出してください。
  1. 「平成31年度(2019年度)市町村民税課税(非課税)証明書原本」(2019年1月1日時点の住民登録地で取得できます。市町村によって名称が異なる場合があります。氏名及び市町村民税所得割、均等割額、所得等・控除の明細が記載されているものです。)
  2. 「平成31年度(2019年度)市町村民税特別徴収税額通知書(氏名及び市町村民税所得割、均等割額、所得等・控除の明細が記載されているページ)のコピー」
  3. 「平成31年度(2019年度)市町村民税納税通知書(氏名及び市町村民税所得割、均等割額、所得等・控除の明細が記載されているページ)のコピー」のいずれかを提出してください。
  • 生活保護を受給されている方は、生活保護受給証明書(コピー可)を提出してください。
  • 祖父母等と同居の場合で、父母の収入の合計額が生活保護基準以下の場合は、同居している祖父母等を主たる生計者として保育料を決定する場合があります。このため、同居の祖父母の税額がわかる書類の提出が必要となる場合があります。
  • 何らかの理由(海外在住等)で上記書類のいずれもない方は、保育・幼稚園課支援係までご相談ください。
この記事に関するお問い合わせ先

子ども生活部保育・幼稚園課支援係
電話 042-724-2137
ファックス 050-3161-8635

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/8

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html