幼児教育・保育の無償化について

更新日:2019年07月01日

概要

2019年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります。

無償というと、保育園や幼稚園の費用すべてが無料になるイメージがありますが、本制度における「無償化」とは、給食費・体操服代等の費用を除いた基本的な利用料のみが0円になる施設や、軽減される金額の上限が設定されている施設など、すべての費用が無料になるものではありません。一般的に使う「無償」とは用語の使用方法が少し異なりますのでご注意ください。

無償化の対象及び保育の必要性についての一覧表

施設型類型

対象者

(満3歳児を除き、4月1日時点の年齢)

保育の必要性 無償化の上限額(月額)
認可保育所、認定こども園(保育時間部分の利用)、地域型保育 0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで 必要 全額
認定こども園(教育時間部分の利用)、幼稚園(施設給付園) 3歳児(満3歳児を含む。)から5歳児まで
 
不要 全額
幼稚園(私学助成園) 25,700円
認定こども園(教育時間部分の利用)及び幼稚園における預かり保育

満3歳児の住民税非課税世帯と3歳児から5歳児まで

必要 満3歳児の非課税世帯は16,300円、3歳児から5歳児まで11,300円
認可外保育施設等 0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで 必要 0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯は42,000円、3歳児から5歳児までは37,000円
企業主導型保育所 0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで 必要 標準的な保育料全額
障がい児の発達支援 3歳児から5歳児まで 不要

全額

 

無償化の認定の給付を受けるための認定について

今回の幼児教育・保育の無償化については、子ども・子育て支援法の改正に伴い、従来からある、子どものための保育・教育給付以外に、子育てのための施設等利用給付が創設されました。この2つの給付により幼児教育・保育の無償化が行われます。

無償化の給付を受けるためには認定が必要となります。保育の必要性等の有無に応じ、認定を受けていただくことになりますが、保育園、幼稚園等に在籍し認定を受けている子ども以外は、それぞれ認定を受けるための申請が必要です。

認定の種別等の詳細については幼児教育・保育の無償化パンフレット(PDF:823.7KB)をご覧ください。

※保育の必要性に関する書類

(申請書については、各施設ごとの参考資料に搭載しています。)

就労証明書(Excel形式)(Excelブック:57.8KB)

スケジュール表(PDF:174.5KB)

認可保育所、認定こども園(保育時間部分の利用)、地域型保育

既に在園している場合

既に認定を受けているので手続きは不要です。自動的に保育料の無償化がされます。

新たに入所を希望する場合

保育の利用申込及び認定の申請が必要です。入園のしおりを確認して、申し込みをしてください。

認定こども園(教育時間部分の利用)、幼稚園(施設給付園)

既に在園している場合

教育時間部分の利用に関する無償化については、既に認定を受けているので手続きは不要です。自動的に保育料の無償化がされます。ただし、預かり保育の無償化を受ける場合については、在籍園を経由して、町田市に認定の申請書等の提出が必要です。

なお、認定こども園(教育時間部分の利用)・幼稚園(施設給付園)の在園児については、在籍園を通じて、保護者の方に申請書の書式等を送付しています(2019年8月1日現在)

新たに入所を希望する場合

認定の申請が必要です。入所する園を経由して、町田市に認定の申請書等の提出が必要です。

参考資料

幼稚園(私学助成園)

既に在園している場合・新たに入園を希望する場合のいずれも認定の申請が必要です。在籍園・入園する園を経由して町田市に認定の申請書等の提出が必要です。

なお、幼稚園(私学助成園)の在園児については、在籍園を通じて、保護者の方に申請書の書式等を送付しています(2019年8月1日現在)。

参考資料

認可外保育施設等

既に在園、利用している場合・新たに入園し、利用を希望する場合のいずれも認定の申請が必要です。町田市子ども生活部保育・幼稚園課支援係に直接申請してください。

詳細については、下記参考資料を確認してください。

参考資料

企業主導型保育事所

企業主導型保育事業所において保育の必要性の確認が必要です。地域枠の利用者は、市の認定が必要か企業主導型保育所に確認していただき、必要な場合は町田市子ども生活部保育・幼稚園課(042-724-2137)にご連絡ください。

障がい児の発達支援

既に利用している場合

既に認定を受けているので手続きは不要です。自動的に無償化されます。

新たに利用する場合

認定の申請が必要です。地域の障がい者支援センター又は子ども発達支援課に申請してください。

無償化の認定の給付を受けるための、認定手続についての一覧表

施設類型 認定手続

申請書の提出先

(必要な場合)

現在の利用児童 利用希望児童
認可保育所、認定こども園(保育時間部分の利用)、地域型保育 不要 必要

直接、町田市子ども生活部保育・幼稚園課支援係に提出

(認定こども園を第1希望とする場合(3歳児から5歳児までの場合に限ります。)は、認定こども園に提出)

認定こども園(教育時間部分の利用)、幼稚園(施設給付園) 不要 必要 認定こども園又は幼稚園に提出
幼稚園(私学助成園) 必要 幼稚園に提出
認定こども園(教育時間部分の利用)及び幼稚園における預かり保育 必要 認定こども園又は幼稚園に提出
認可外保育施設等 必要 直接、町田市子ども生活部保育・幼稚園課支援係に提出
企業主導型保育所 企業主導型保育所において保育の必要性の確認が必要 地域枠の利用者は、市の認定が必要か企業主導型保育所に確認してください。市の認定が必要な場合は、町田市子ども生活部保育・幼稚園課支援係までご連絡ください。
障がい児の発達支援 不要 必要 地域の障がい者支援センター又は子ども発達支援課に提出

 

参考

制度の詳細については、内閣府のホームページをご覧ください。

お問合せ

幼稚園・保育園・認定こども園の利用に関すること

〒194-8520 町田市森野2-2-22 2階204窓口

町田市子ども生活部保育・幼稚園課

電話:042-724-2137  ファックス:050-3161-8635

町田ファミリー・サポート・センター、病児・病後児保育に関すること

〒194-8520 町田市森野2-2-22 2階203窓口

町田市子ども生活部子育て推進課

電話:042-724-4468  ファックス:050-3101-9459

無償化に伴う利用料の給付に関すること

〒194-8520 町田市森野2-2-22 2階202窓口

町田市子ども生活部子ども総務課

電話:042-724-2551  ファックス:050-3101-8377

障がい児の発達支援に関すること

〒194-8520 町田市森野2-2-22 1階113窓口

町田市地域福祉部障がい福祉課

電話:042-724-3089  ファックス:050-3101-1653


〒194-0021 町田市中町2-13-14

町田市子ども生活部子ども発達支援課

電話:042-726-6570  ファックス:042-726-0454

この記事に関するお問い合わせ先

子ども生活部保育・幼稚園課
電話 (管理係)
042-724-2138
(支援係)
042-724-2137
ファックス (共通)
050-3161-8635

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/8

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html