新型コロナウイルス感染症の影響による就学援助制度の対応について

更新日:2022年04月01日

家計が急変した方へ

新型コロナウイルス感染症の影響によって、昨年に比べて今年中の所得額が大幅に下がる見込みの方は、申立制度を利用することで就学援助費の対象になる場合があります。

申立制度について

  • 就学援助費認定審査が不認定となった保護者のうち、長期療養等によって家計が急変し、お子さんを就学させることが困難な方については、再審査を求めることができます。これを申立といいます。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響によって、昨年に比べて今年中の所得額が大幅にに下がる見込みの方も利用することができます。
  • 申立の際にご申告いただいた今年中の所得見込額等に基づいて、改めて審査を行います。認定結果についてご希望に沿えない場合もございますので、あらかじめご承知おきください。
  • 今年中の所得見込額と決定額が相違したときは、決定額の所得に基づいて再審査を行います。再審査は翌年度7月ごろを予定しています。
  • 再審査の結果、不認定の場合は認定の取消及び当該年度に支給された就学援助費を返還していただく必要があります。
  • 今年中の所得額が、ご申告いただいた今年中の所得見込額を大幅に超えることが明らかになった場合等、年度途中でも就学援助費認定を辞退することもできます。年度途中で就学援助費認定を辞退された場合も、当該年度に支給された就学援助費を返還していただく必要があります。

家計が急変した方の審査の流れ

以下の1から2は通常の申請と審査と同じ流れです。3以降が家計が急変した方の審査の流れです。

  1. 「町田市就学援助費・奨励費認定申請書兼同意書」を学校または学務課までご提出ください。
  2. 学務課で前年の所得額(生計を共にしている家族全員の前年の所得合計額)から認定の認否を審査し、結果を保護者様に通知します。
  3. 「就学援助費不認定通知書」がお手元に届きましたら、学務課までお電話でご連絡ください。申立制度の概要及び申立書、その他必要書類についてご説明します。
  4. 学務課から申立書等がお手元に届きましたら、「就学援助費不認定通知書」に記載されている「申立書の提出期限」までに申立書と必要書類を学務課までご提出ください。
  5. ご提出いただいた申立書及び必要書類を学務課で確認し、再審査を行います。その後、再審査結果を保護者様に通知します。
この記事に関するお問い合わせ先

学校教育部学務課
電話 042-724-2176
ファックス 050-3161-7996

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/17

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html