出生通知票・こんにちは赤ちゃん訪問

出生通知票

赤ちゃんのイラスト

赤ちゃんが生まれたら、母子健康手帳に綴じ込まれている出生通知票をできるだけ早く出しましょう。まだ赤ちゃんのお名前が決まっていない場合でも、なるべく1週間以内に保健予防課へ送付してください。この出生通知票によって、こんにちは赤ちゃん訪問を実施するとともに未熟児養育事業等、母子保健の貴重な資料にもなります。赤ちゃんのためにも忘れずに提出してください。

※他の区市町村で母子健康手帳の交付を受けられた方等で、町田市の出生通知票をお持ちでない方は、保健予防課(電話:042-725-5422)までご連絡ください。

こんにちは赤ちゃん訪問

赤ちゃんが生まれたすべてのご家庭に訪問を実施する事業です。

(1)初めての赤ちゃんや体重の少ない赤ちゃん等

体重測定や授乳のこと、初めての育児などでご心配なこと、その他お母様の体調などのご相談を受けています。

訪問時間は約1~1時間半程度で、訪問スタッフ(助産師・保健師)がうかがいます。

(2)第2子以降の赤ちゃん

玄関先などで現在の状況をお聞きしながら、子育てに関する情報をお伝えし、育児の相談をいたします。訪問時間は約20~40分で、訪問スタッフ「ベビー&ママサポーター(看護師)」がうかがいます。

第2子以降の赤ちゃんも、(1)の体重測定などを行う訪問を受けることができます。希望される方は、出生通知票を提出する前に保健予防課までご連絡ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 母子保健係
電話 042-725-5422
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年04月15日