妊娠届・母子健康手帳

妊婦さんの画像

病院で妊娠が確定したら、早めに妊娠の届出をし、母子健康手帳の交付を受けてください。

この手帳は、乳幼児健診や予防接種などのときに必要で、赤ちゃんが小学校に入学するまでの健康状態や、母親の健康記録をする大切な手帳です。

 

町田市では、安心して出産・子育てができるよう、全ての妊婦さんを対象に「しっかりサポート面接」を行っています。ぜひ、ご利用ください。「しっかりサポート面接」についての詳細はこちらから。

妊娠届出の際の必要書類

妊娠届には、マイナンバー(個人番号)が必要となります。

マイナンバー(個人番号)の記入に伴い、(1)個人番号が確認できる書類と(2)身元確認ができる書類が必要です。

妊婦本人が届け出る場合

個人番号カードをお持ちの方は、個人番号カードのみお持ちいただければ大丈夫です。

個人番号カードをお持ちでない方は、下記(1)、(2)の書類をそれぞれお持ちください。

個人番号カードをお持ちではない場合の必要書類

(1)個人番号が確認できる書類(下記から1点)
  • 通知カード
  • 個人番号入りの住民票 等
(2)身元確認ができる書類
1点で良いもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳 等
2点必要なもの
  • 保険証
  • 年金手帳
  • 社員証
  • 学生証
  • 学校が発行した在学証明書
  • 預金通帳
  • 医療受給証 等

妊婦以外(代理人)が届け出る場合

上記の(1)(妊婦本人の)個人番号が確認できる書類と(2)(代理人の)身元確認ができる書類に加え、(3)代理権を確認できる書類が必要です。

代理権を確認できる書類

代理人が法定代理人である場合(成年後見人、未成年者の親など)
  • 戸籍謄本
  • 続柄つき住民票
  • その他その資格を証明する書類
代理人が法定代理人以外である場合(夫、パートナー、親、知人など)

委任状など本人の委任の事実を確認できる書類

妊娠届には、この他に妊娠確定の診断を行った病院名、所在地、医師名をご記入いただきます。

このとき、母子健康手帳と「母と子の保健バッグ」を交付します

「母と子の保健バッグ」とは、妊婦健康診査受診票14枚、妊婦超音波検査受診票1枚、妊婦子宮頸がん検診受診票1枚、新生児聴覚検査受診票1枚、マタニティマーク、各種保健事業等のご案内が入ったバッグです。

届出場所

市庁舎7階保健予防課、健康福祉会館、保健所中町庁舎、鶴川保健センター、各市民センタ-、町田駅前連絡所、南町田駅前連絡所、鶴川駅前連絡所、木曽山崎連絡所、玉川学園駅前連絡所、市民課(第2・4日曜日のみ)

 

母子健康手帳は、外国語版もあります

ご希望の方は、窓口で職員にお申し出下さい。(英語、中国語、ハングル語、タイ語、タガログ語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語)

なお、市庁舎7階保健予防課以外で申請をされた方は、後日郵送となります。

 

母子健康手帳を紛失された場合

万が一、母子健康手帳を紛失された場合は、再交付申請を行ってください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 母子保健係
電話 042-725-5422
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年09月08日