妊婦健康診査

妊娠中は、ふだんより一層健康に気をつけなければなりません。

安心安全な出産を迎えるために、妊婦健診は必ず受診しましょう。

妊婦健診についての詳細は、こちらをご覧ください。

妊娠届を提出して頂いた妊婦の方には、14回分の妊婦健康診査受診票と1回分の妊婦超音波検査受診票、1回分の妊婦子宮頸がん検診受診票をお渡しします。
母子健康手帳と一緒にお渡しする「母と子の保健バッグ」に入っていますので、母子健康手帳を受け取った際に確認してください。

妊婦健康診査受診票について

妊婦健康診査をどこで受診するかによって、受診票の使用方法が異なります。

例1:東京都内の医療機関で受診する場合

  • 町田市内:受診票使用可
  • 町田市外:基本的には受診票使用可(受診票が使用出来るか、医療機関に直接お問い合わせください)

例2:助産所で受診する場合

  • 受診票使用不可。
    里帰り出産等における妊婦健康診査受診費用助成制度を利用し、助成を受けてください。

詳細はこちらからご確認ください。

例3:東京都外の医療機関で受診する場合

  • 基本的に受診票使用不可。
    里帰り出産等における妊婦健康診査受診費用助成制度を利用し、助成を受けてください。

詳細はこちらからご確認ください。

  • 例外として相模原市、横浜市、川崎市、大和市など近隣市の医療機関の一部では使用することができます。

途中で医療機関を変更する場合も、例に当てはめてご確認ください。

ご不明な点等ありましたら、お気軽に保健予防課(電話:042-725-5422)までお問い合わせください。

妊婦健診を受けましょうという注意喚起のイラスト

妊婦健康診査実施医療機関

妊婦健康診査受診票、超音波検査受診票は、東京都内、及び相模原市、横浜市、川崎市、大和市など近隣市の医療機関の一部でも使用することができます。

 

妊婦健康診査実施医療機関については、こちらよりご確認ください。

 

なお、2017年4月からお渡ししている「母と子の保健バッグ」に入っている冊子「妊婦健康診査をお受けになる方へ」内に掲載されている、「妊婦健康診査実施医療機関一覧表」のうち、P.7の「相模野病院(相模原市)」につきましては町田市妊婦健康診査受診票は使用できません。訂正してお詫びいたします。相模野病院で受診された方は、「里帰り出産等における妊婦健康診査受診費用助成制度」をご利用ください。

公費負担について

一覧表に記載のある医療機関において、受診票記載の検査項目を受診した場合、公費負担の対象となります。
なお、妊婦健康診査受診票で受けられる検査内容以外の検査や産科診察料等については、自己負担となります。
また、公費負担の妊婦健康診査のみを受診した場合でも、公費負担額を超えた場合には、自己負担金が発生します。

公費負担上限額(2017年4月1日より)

公費負担上限額
健診の種類 助成限度額
妊婦健診1回目(助産所は除く) 9680円
妊婦健診2回目から14回目 各回ごとに5160円
妊婦超音波検査(助産所は除く) 5300円
妊婦子宮頸がん検診(助産所は除く) 3400円

妊婦健康診査受診票を使用できなかった方

こちらより助成金支給制度をご確認の上、助成金の申請を行ってください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 母子保健係
電話 042-725-5422
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年09月08日