多胎児家庭支援事業

更新日:2022年08月23日

多胎妊婦さんと多胎児を育てるご家庭の支援を行っています

多胎児を妊娠中の妊婦さんや子育て中のご家庭の育児負担等を軽減し、安心して子育てができるよう支援を行っています。

事業内容

  • ふたご手帖の配布
  • 移動経費補助

 

ふたご手帖の配布

双子や三つ子を妊娠された方へ、妊娠、出産の経過や準備などイメージができるように母子健康手帳(母子手帳)の交付にあわせ、お渡しします。

対象者

市内在住でこれから妊娠届出をされる多胎妊婦の方

配布物

妊婦1名につき、ふたご手帖と記録ノートの1セット

配布方法
  • 市庁舎704窓口または健康福祉会館へ妊娠届出をされた方

          母子手帳と一緒にお渡しします。

  • 上記以外の窓口で妊娠届出をされた方

          後日、ご自宅へ郵送いたします。

 

移動経費補助

多胎児を育てているご家庭に対して、乳幼児健診や予防接種などの母子保健サービス、及び多胎児家庭を対象とした交流会等へお出かけする際にご利用いただけるタクシー利用ができる券を配布します。

 

対象者

市内在住で、これから0歳、1歳、2歳の誕生日を迎える多胎児と同居し、養育している世帯

配布物

1世帯につき、0歳、1歳、2歳時に各1回、2万4千円分のタクシー利用ができる券をお渡しします。

※町田市内で利用できるのは、

京王タクシー・小田急交通南多摩・神奈中タクシー・飛鳥交通カンツリー・千代田自動車・日本交通立川 です。

※有効期限があります。有効期限内にご利用ください。

配布方法
  1. 対象となる世帯へご案内(申込書)を郵送します。
  2. ご案内が届きましたら、面接の申込をお願いします。
  3. 申込書到着後、面接の日程調整の連絡をいたします。
  4. 保健師等と面接。
  5. 面接終了後、手渡しまたは郵送でタクシー利用ができる券をお渡しします。

※タクシー利用ができる券のお渡しは年度に1回のみとなります。案内が届きましたら早めにお申し込みください。

子どもを守るチャイルドシート

チャイルドシートは交通事故の被害から子どもを守ります。

道路交通法で、自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗せて、運転してはならないことが決められています。

これから、おこさまと車でのお出かけを考えているママ、パパは、おこさまの成長にあったチャイルドシートを使用してくださいね。

 

タクシーへの乗車時は、チャイルドシートの着用義務は免除されていますが、用意のあるところや持ち込んで使用できるところもあるので、使用の希望がある時には、事前にタクシー会社へお問い合わせください。

その他の事業

多胎児妊婦さんや多胎児を子育て中の方を対象とした町田市の事業について、下記のリンクもぜひ、ご覧ください。

これからの妊娠・出産・育児の参考に

この記事に関するお問い合わせ先

保健所保健予防課母子保健係
電話 042-725-5471
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html