ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親医療証)

対象になるのは?

18歳に達する日以降の最初の3月31日まで(一定以上の障がいがある場合は20歳未満)の次のいずれかの児童を養育している方です。

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父または母が、死亡および生死が明らかでない児童
  3. 父または母に重度の障がいがある児童
  4. 父または母に1年以上遺棄されている児童
  5. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  6. 父または母が1年以上拘禁されている児童
  7. 婚姻によらないで出生した児童

以下の場合は対象になりません。

  • 所得が限度額を超えている (所得限度額表については下記リンクをご覧ください)
  • 国民健康保険・社会保険等に加入していない
  • 生活保護を受けている
  • 他の医療助成を受けている
  • 児童が公費により医療を受けられる施設に入所している
  • 児童が里親に養育されている
  • 父と母の間に、頻繁な交流かつ生活費の補助がある
  • 申請者である父または母と同じ住所に、婚姻可能な単身異性がいる

助成されるのは?

住民税課税世帯の場合・・・保険診療の自己負担分から一部負担金を差し引いた額を助成します。
住民税非課税世帯の場合・・・保険診療の自己負担分を助成します。
保険の適用外のもの(薬の容器代や健康診断、予防接種、選定療養費など)や入院時の食事代(入院時食事療養標準負担額)は対象になりません。

一部負担金

マル親一部負担金 一月当りの自己負担上限額
住民税課税者 通院(外来) 1割 14,000円
年間上限:144,000円 ※1
入院 1割 57,600円
多数回:44,400円 ※2
住民税非課税者 通院(外来) 負担なし
入院

※1)計算期間(毎年8月1日から翌年7月31日まで)において、月の外来療養に係るマル親自己負担額の合計が144,000円を超えた場合、超えた部分を高額医療費として助成します。ただし、加入している健康保険組合等から高額療養費として支給される額については除きます。
※2)過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から多数回該当となり、上限額が44,400円に下がります。

学校管理下で発生した傷病について、独立行政法人日本スポーツ振興センター法による災害共済給付がある場合(療養に要した医療費総額が5000円以上のもの)は、対象になりません。
独立行政法人日本スポーツ振興センターとの災害共済給付契約の有無は、各校により異なります。(町田市立の小・中学校は全て契約しています。)

助成方法は?

都内の医療機関で受診する場合は、健康保険証とマル親医療証を一緒に提示してください。医療機関で直接医療費助成を受けられます。
都外の医療機関で受診する場合は、保険診療の自己負担分を支払ってください。支払った医療費等の支給申請方法は、下記の「支払った医療費の支給申請方法は?」をご覧ください。

申請に必要なものは?

  1. 戸籍謄本(申請者及び児童のもの)…離婚日等の確認できる最新のもの(発行日から1ヶ月以内)が必要です。
  2. 健康保険証(申請者及び児童のもの)
  3. 前々年中の所得証明書(町田市に転入された方のみ)…所得額、扶養人数、控除額、課税額が記載されているもの。
    前年の1月2日以降町田市へ転入の方は、前年の1月1日に住民登録していた市区町村からお取り寄せください。
  • 同時に児童扶養手当を申請する場合や既に児童扶養手当を受給している場合は省略できるものもあります。
  • 申請される方の養育状況によっては、他にも書類を用意していただく場合があります。その際には、再度ご来庁をお願いする場合もありますので了承ください。

申請場所は?

町田市役所2階の子ども総務課で申請できます。
郵送での申請、各市民センター、駅前連絡所での申請はできませんのでご注意ください。

医療証の有効期間は?

申請日からその年の12月31日までです。

更新の手続きは?

「児童扶養手当を受給し、児童扶養手当の現況届を提出している方」については、「現況届」を省略いたします。児童扶養手当の現況届が未提出の方または児童扶養手当未受給の方は、毎年10月末に送付する「現況届」に必要事項を記入して添付書類と一緒に子ども総務課へ提出してください。「現況届」の提出がない場合は翌年の医療費助成が受けられません。

各市民センター、駅前連絡所での申請はできませんのでご注意ください。

認定になったら

氏名や住所が変わった場合、同居しているご家族の人数が変わった場合、加入している健康保険が変わった場合は、お早めに子ども総務課で届出をしてください。

郵送での申請、各市民センター、駅前連絡所での申請はできませんのでご注意ください。

資格がなくなるとき

以下の場合は医療費助成を受けることができなくなります。お早めに子ども総務課で届出をしてください。

  1. 申請者が婚姻した
  2. 申請者が婚姻可能な単身異性と同じ住所になった(婚姻する意思の有無は関係ありません)
  3. 児童を養育しなくなった
  4. 児童が公費により医療を受けられる施設に入所した
  5. 児童が里親に養育されることになった
  6. 申請者または児童が死亡した
  7. 生活保護を受けることになった

郵送での申請、各市民センター、駅前連絡所での申請はできませんのでご注意ください。

支払った医療費の支給申請方法は?

都外で受診した場合や医療証が届く前に受診した場合などに負担した保険診療の自己負担分のうち、助成対象分は口座振込みでお返しします。
支給申請が必要になりますので、下の「申請時に必要なもの」をご用意のうえ申請してください。
支給申請書は下記リンク「マル親医療証申請書式(支給申請書・再交付申請書)」からダウンロードすることも出来ます。(下の「ご注意ください」を必ずお読みください。)

申請時に必要なもの

  1. 領収書:保険点数または保険診療の内訳および受診者氏名が記載されているもの
  2. マル親医療証
  3. 健康保険証
  4. 受給者(保護者)の振込先口座のわかるもの
  5. 印鑑(認め印)

上記1については、支給申請書に領収書の原本を添付してください。
上記2,3,4については、支給申請書の各項目に必要事項が記入済の場合は不要です。(写しを添付する必要はありません。)
上記5については、支給申請書の書名欄に押印してください。

申請場所は?

子ども総務課、各市民センター、木曽山崎連絡所、玉川学園駅前連絡所、南町田駅前連絡所(南町田リエゾン)、鶴川駅前連絡所
町田駅前連絡所での申請はできませんのでご注意ください。

ご注意ください(必ずお読みください)

保険適用外のもの及び入院時の食事代(入院時食事療養標準負担額)は助成の対象になりませんのでお返しできません。
領収書に保険点数または保険診療分金額が記載されていないと受付できない場合があります。
記載がない場合は、医療機関にお問い合わせのうえ、記入してください。
資格期間内に支払った医療費の請求期間は、支払日の翌日から5年間ですので、お早めに支給申請をお願いいたします。
支給申請書は郵送でも受付しますが、郵送事故等は責任を負いかねます。
領収書の返却を希望される方はその旨をお申し出ください。領収書は一度お預かりをし、子ども総務課から後日郵送で返却します。ただし全額助成される場合は領収書はお返しできません。

郵送先

〒194-8520 町田市森野2-2-22 町田市役所 子ども生活部 子ども総務課

マル親医療証をなくしたときは?

マル親医療証をなくした・破いた・汚した・その他マル親医療証の再交付が必要なときは再交付申請をしてください。後日郵送します。

申請時に必要なもの

  1. 印鑑(認め印)
  2. マル親医療証(破いた・汚した時のみ)

再交付申請は郵送でも受付をいたします。
再交付申請書は下記リンク「マル親医療証申請書式(支給申請書・再交付申請書)」からダウンロードすることもできます。

郵送先

〒194-8520 町田市森野2-2-22 町田市役所 子ども生活部 子ども総務課

申請場所は?

町田市役所2階の子ども総務課で申請できます。
各市民センター、駅前連絡所での申請はできませんのでご注意ください。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

子ども生活部子ども総務課手当・医療費助成係
電話 042-724-2139
ファックス 050-3101-8377

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/6

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年10月14日