就学奨励費(特別支援学級)

更新日:2022年04月01日

市では、特別支援学級(固定制)に在籍するお子さんの保護者の方に対して、学用品費・給食費・入学準備金・修学旅行費など学校でかかる費用の一部を援助しています。世帯の所得によって援助する内容が異なります。

援助の対象となる方

町田市立小・中学校の特別支援学級(固定制)に在籍する児童生徒の保護者の方

申請手続

お子さん1人につき1枚の申請書が必要です。申請書は、町田市立小・中学校または学務課にあります。以下のリンク先ページから申請書をダウンロードすることもできます。

提出書類

ご申請される際は、以下のものをご提出ください。

  1. 2022年度町田市就学援助費・奨励費認定申請書兼同意書
  2. 令和4年度課税・非課税証明書(2022年1月1日に町田市に住民登録がない方は必要です)

課税・非課税証明書について

  • 申請書をご提出される際に課税・非課税証明書をご用意できない場合、先に「町田市就学援助費・奨励費認定申請書兼同意書」をご提出ください(該当する支給費目について、申請書の提出日の翌月分からの支給になります)。
  • 課税・非課税証明書は2021年1月~12月の所得の内容がわかるもので、2022年1月1日の住所地で2022年6月以降に取得できます。取得後、すみやかに学務課にご提出ください。証明書のコピーを提出することもできます。
  • 生計を共にしているご家族の中に「2022年4月1日時点で19歳以上(2003年4月1日以前に生まれた方)」で「2022年1月1日に町田市に住民登録がない方」がいる場合、その方の課税・非課税証明書が必要となります。
  • 課税・非課税証明書の代わりにマイナンバー(個人番号)を利用することもできます。ご希望の方は、以下にある「マイナンバー(個人番号)の利用について」をご確認ください。
  • 2022年1月1日に町田市に住民登録がある方は、令和4年度課税・非課税証明書の提出は不要です。
住民税申告や扶養申告をされていない場合

生計を共にしているご家族の中に、住民税申告や扶養申告をされていない方がいる場合、審査ができず、一定期間後に申請を却下することがあります。申告方法や申告が済んでいるか等については、2022年1月1日に住民登録がある市区町村の住民税担当部署までお問い合わせください。

賃貸住宅に住んでいることがわかる書類について

申請書の住宅形態欄で「賃貸」とご回答された方に対して、後日、賃貸住宅に住んでいることがわかる書類のご提出を求める場合がございます。提出をお願いする手紙が届きましたら、期限までに書類をご提出ください。

  • 家賃のお支払いがある場合には、一定金額を所得額から控除して審査することができます(生計を共にしているご家族の中に家賃負担をしている方がいる場合に限ります)。
  • 賃貸住宅に住んでいることがわかる書類とは、お住まいの賃貸住宅の住所、家賃額、契約者の氏名が記載されているものをいいます(例:賃貸借契約書のコピー、公営住宅の使用料の金額がわかる書類など)。
  • 書類をご提出される際は、該当のお子さんのお名前と生年月日を書類の欄外にご記入ください。
  • お手元に書類がない場合は、お住まいの住宅の管理会社等にお問い合わせください。

マイナンバー(個人番号)の利用について

所得を証明する書類の代わりに、マイナンバー(個人番号)の利用を希望される方は学務課にご連絡ください。同意書をお送りしますので、お手元に届きましたら、必要事項をご記入の上、すみやかにご提出ください。

就学援助費・奨励費認定申請書にマイナンバー(個人番号)を記入しないでください。また、マイナンバーがわかる資料(マイナンバーカードの券面のコピー等)を申請書に添付しないでください。

2022年度の就学援助費・奨励費の申請期間

4月中に申請される場合

  • 学校または学務課に直接ご提出される場合:2022年4月28日(木曜日)
  • 学務課に郵送でご提出される場合:2022年4月30日(土曜日)※当日消印有効

2022年4月30日までに申請され、審査の結果、認定となる場合は4月分から支給します。審査結果は、2022年7月上旬ごろに通知します。

5月以降に申請される場合

2022年5月から2023年2月末まで申請をお受けします。審査の結果、認定となる場合は申請月の翌月分の費用から支給します。

審査結果の通知時期

  • 2022年5月末までの申請:2022年7月上旬ごろ
  • 2022年6月から2023年2月末までの申請:申請月の翌月下旬ごろ

申請書の提出先

  • 町田市教育委員会学務課(町田市役所10階)〒194-8520 東京都町田市森野2丁目2番22号
  • お子さんが在籍する町田市立小・中学校(担任の先生または事務室職員へ)

※申請書の紛失・提出忘れ防止のため、学校にはできるだけ保護者が直接ご提出ください。

※申請書を郵送で学務課へ提出される場合、ご心配な方は郵便物を差し出した記録が残る方法をご利用ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による就学援助費制度の対応について

新型コロナウイルス感染症の影響によって、昨年に比べて今年中の所得が大幅に下がる見込みの方は、下記「新型コロナウイルス感染症の影響による就学援助制度の対応について」をご覧ください。

認定区分

世帯の所得によって、次の3段階のいずれかに認定します。 

認定区分

前年の世帯の所得

第1段階 要保護

生活保護を受けている

第1段階 準要保護

前年の合計所得が生活保護基準の1.1倍未満

第2段階

前年の総所得が生活保護基準の2.5倍未満

第3段階

前年の総所得が生活保護基準の2.5倍以上

援助の内容

小学校

支給費目 認定区分 学年・援助内容(小学生) 支給時期(各月の月末頃)
第1段階 第2段階 第3段階
要保護 準要保護 1年 2~6年
学用品通学用品費 × 月額970円 月額1160円 7・9・1・3月(3ヶ月分ずつ)
入学準備金 × 第1段階(準)51110円
第2段階51110円
第1段階(準)60000円(6年生のみ対象:3月支給) 7月(3月)
給食費 ×

認定後、学務課が認定月の分から保健給食課へ直接支払い

1.前年認定の方は認定結果通知まで保健給食課への支払いが猶予されます

2.前年認定でない方は猶予されません。お支払いいただき、認定後還付されます

校外活動費 × 実費 9・1・3(4)月
移動教室・修学旅行費 × 実費 (原則)実施後
医療費 × × 学校保健安全法で定めた以下の病気の治療費【虫歯・トラコーマ・結膜炎・白癬・疥癬・膿痂疹(とびひ)・中耳炎・慢性副鼻腔炎・アデノイド・寄生虫病】
1.診療前に学校で医療券の交付を受けます。
2.医療券と健康保険証(生活保護受給の場合は、医療券のみ)を医療機関に提出して、受診してください。
3.保険診療の自己負担分が助成されます。
随時
卒業アルバム代等 ※1 × 実費(6年生のみ対象、支給上限11000円) 4月
オンライン学習通信費 × 月額1,000円(一世帯あたり) 9・1・3月
通学費 1.バス・電車の方は実費(1ヶ月定期代上限)
2.自家用車通学の方はガソリン代相当額
1学期分→9月
2学期分→1月
3学期分→4月
保護者付添通学費 バス・電車での付添費実費(1ヵ月定期代上限) 通学費と同じ
宿泊訓練費 実費 (原則)実施後
脳波検査料 実費(年2回まで) 随時
交流学習交通費 実費 9・1・3(4)月
  • 「-」の支給費目は生活保護費からこれに代わる費用が支給されます。
  • 「△」の支給費目は就学援助費から支給されます。
  • 他の制度により支給される費目がある場合、当該費目は町田市就学奨励費からは支給されません。
  • 「※1」の支給費目は原則、お子さまが在籍する学校の口座へ振り込みます。
  • 入学に際して必要な費用については、各学校のホームページでご確認ください。

中学校

支給費目 認定区分 学年・援助内容(中学生) 支給時期(各月の月末頃)
第1段階 第2段階 第3段階
要保護 準要保護 1年 2・3年
学用品通学用品費 × 月額1895円 月額2085円 7・9・1・3月(3ヶ月分ずつ)
入学準備金 × 第1段階(準)60000円
第2段階57980円
7月
給食費 ×

実費(給食申込をした場合のみ支給)

1学期分→9月
2学期分→1月
3学期分→3月4月
校外活動費 × 実費 9・1・3(4)月
体育実技用具費 × 実費(上限あり、原則として3年間で1回のみ) 9・1・3月
移動教室・修学旅行費 × 実費 (原則)実施後
医療費 × × 学校保健安全法で定めた以下の病気の治療費【虫歯・トラコーマ・結膜炎・白癬・疥癬・膿痂疹(とびひ)・中耳炎・慢性副鼻腔炎・アデノイド・寄生虫病】
1.診療前に学校で医療券の交付を受けます。
2.医療券と健康保険証(生活保護受給の場合は、医療券のみ)を医療機関に提出して、受診してください。
3.保険診療の自己負担分が助成されます。
随時
卒業アルバム代等 ※1 × 実費(3年生のみ対象、支給上限8800円) 4月
オンライン学習通信費 × 月額1,000円(一世帯あたり) 9・1・3月
通学費 1.バス・電車の方は実費(1ヶ月定期代上限)
2.自家用車通学の方はガソリン代相当額
1学期分→9月
2学期分→1月
3学期分→4月
保護者付添通学費 バス・電車での付添費実費(1ヵ月定期代上限) 通学費と同じ
宿泊訓練費 実費 (原則)実施後
脳波検査料 実費(年2回まで) 随時
交流学習交通費 実費 9・1・3(4)月
職場実習交通費 実費 9・1・3(4)月
  • 「-」の支給費目は生活保護費からこれに代わる費用が支給されます。
  • 「△」の支給費目は就学援助費から支給されます。
  • 他の制度により支給される費目がある場合、当該費目は町田市就学奨励費からは支給されません。
  • 「※1」の支給費目は原則、お子さま在籍する学校の口座へ振り込みます。
  • 入学に際して必要な費用については、各学校のホームページでご確認ください。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育部学務課
電話 042-724-2176
ファックス 050-3161-7996

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/17

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html