小学校給食について

更新日:2018年05月18日

小学校の給食時間の風景写真

給食時間の風景

給食時間の風景町田市の小学校給食は、「安心・安全・おいしい給食」を目指しています。市立小学校42校すべてで、自校単独調理による完全給食を行っております。

各小学校には栄養士が1名配置されています。献立は「学校給食摂取基準」を基に手作りを基本とし、安全な食品を使用し、それぞれの学校の実情に合わせて作成しています。

献立・食物アレルギー対応などの詳細は、各市立小学校にお問い合わせください。

小学校学校給食実施状況

2018年5月1日現在の、「小学校給食実施状況」を掲載しています。

鶴川第一小学校の給食室が新しくなりました!

鶴川第一小学校の給食室が新しくなりました。
2018年1月11日から新しい給食室で調理した給食を提供しています。ドライシステムの施設で、より衛生的になりました。

新たな食器の導入について

小学校で使用している強化陶磁器食器は、それまで使用していたアルマイト食器の欠点を解消するために、1998年度から導入しました。

強化陶磁器食器の使用により、「食器を丁寧に扱う」「食器を手に持って喫食する」など食事マナーの向上に寄与したものの、破損や個々の重量などが課題となっていました。

そこで、町田市教育委員会では、小学校給食において使用する適切な食器のあり方について協議した結果、「安全性」「利便性」「食育」の3つの視点を考慮した上で、2016年度から新たな材質の食器を導入することとしました。

今後は、全小学校に順次導入していく予定です。

導入校

2016年4月:鶴川第一小学校

2016年9月:成瀬台小学校・小山田小学校・小山中央小学校

2017年4月:南第四小学校・つくし野小学校

2017年9月:町田第四小学校・藤の台小学校・鶴川第四小学校

新たに導入する食器について

ポリエチレンナフタレート(PEN)樹脂食器

  • 形状は現在の強化陶磁器食器と同等です。
  • 食品衛生法の規格基準に適合している食器です。

給食室を紹介します!

ドライシステム式の給食室の様子を、写真で紹介しています。

調理室内の様子や、回転釜などの調理機器の写真もあります。

給食室の1日を紹介します!

朝の身じたくから後片付けまで、給食室の1日を写真で紹介しています。

かき揚げや、さんまの塩焼きを作っている様子もお伝えします。

学校給食食材の放射性物質検査について

学校給食食材の放射性物質検査についてはこちらからご覧いただけます。

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育部保健給食課
電話 042-724-2177
ファックス 050-3161-8681

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/18

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html