児童育成手当

更新日:2020年05月26日

【お知らせ】児童育成手当の申請における新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための対応について

平時における児童育成手当に関する申請等については、申請窓口にご来庁いただき、対面にて受付しております。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、6月12日(金曜日)までの期間においては、お電話にて状況を確認させていただいた上で、申請書及び必要書類の提出を郵送対応とすることも可能となっております。(ただし、お電話の内容によっては、上記期間終了後の面談等をお願いする場合がございます)

なお、申請日は、ご本人様の記入済みの申請書及び必要書類が子ども総務課に届いた日付になりますので、ご注意ください。

※今後の感染状況等により、期間は変更する可能性があります。

<お問い合わせ先>

子ども総務課 手当・医療費助成係

電話 042-724-2143

ファックス 050-3101-8377

マイナンバー(個人番号)が必要です

新規申請や監護養育している児童の人数が変わった場合のお届けにマイナンバー(個人番号)の記載が必要となります。
ご申請の際には、申請者、対象児童のマイナンバー(個人番号)のわかるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード)と申請者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)を合わせてお持ち下さい。(「申請に必要なものは?」をご参照下さい。)

対象になるのは?

18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童を養育している、ひとり親家庭または父か母が重度の障がいを有する家庭

  • 所得限度額を超えないこと(所得限度額表は下記リンクをご覧ください)
  • 児童が児童福祉施設等に入所していないこと

手当額はいくら?

月額 13,500円

振込はいつ?

2月・6月・10月の12日 
初めて認定になった場合など例外があります

支給が開始になるのは?

申請の翌月分から支給となります

申請に必要なものは?

1.戸籍謄本(請求者及び児童のもの)…児童扶養手当も申請なさる方は合わせて1通で可 

2.請求者の振込先口座の分かるもの 

3.マイナンバー(個人番号)のわかるもの及び申請者の本人確認書類
申請者、対象児童のマイナンバー(個人番号)のわかるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード)と申請者の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

申請される方の養育状況によっては、他にも書類を用意していただく場合があります。その際には、再度ご来庁をお願いする場合もありますので了承ください。

 

所得の情報について、情報連携制度にて確認ができない場合、「所得証明書」が必要になることがあります。(町田市に転入された方のみ)

 

現況届とは?

毎年6月初旬に児童育成手当を受給している方へ現況届を送付しております。
現況届等の書類を6月30日までに直接ご持参いただくか又は郵送(消印有効)にてご提出ください。
現況届の提出がない場合は、6月分(10月振込予定)からの手当が受けられなくなります。

  • 子ども総務課 手当・医療費助成係へご持参ください。各市民センター等での受付は行いません。
  • 添付書類の提出が必要な場合は、現況届に提出書類の記載がありますのでご確認下さい。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

子ども生活部子ども総務課手当・医療費助成係
電話 042-724-2139
ファックス 050-3101-8377

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/6

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html