不登校対策

町田市では、独自の「不登校調査」、個別に指導を行う「小学校適応指導教室(けやき教室)」「中学校適応指導教室(くすのき教室)」、関係機関をつなぐ「スクールソーシャルワーカー」、学校における不登校対応の実際をまとめた「不登校の未然防止のための対応マニュアル」などの取組をとおして、一人一人の児童・生徒に応じた登校支援を推進しています。

小学校適応指導教室(けやき教室)

目的

町田市の公立小学校に在籍するお子さんの中で、実際に登校できない状況のお子さんが自信を取り戻して、元気に学校に復帰できるよう支援を行っています。

指導内容

体験的な学習や学習内容の補充的な指導を行います。また、生活のリズムを取り戻すことによって、自主性をもたせ学級での集団活動ができるように自信を取り戻させます。

中学校適応指導教室(くすのき教室)

目的

心理的な要因により不登校又は不登校傾向にあり、町田市立中学校の通常学級に通学できない生徒に個別指導及び小集団による体験活動を行うことで、当該生徒の居場所を作り、学校復帰に向けた社会性を向上させることで学校に復帰することを目的とします。

指導内容

個別指導及び集団活動を通じて、町田市立中学校への復帰に向けた社会性の向上につながる人間関係の構築と生徒の人数及び個々の実情に応じたグループ指導、個別指導を行います。スポーツ活動や行事を通じて、集団の中で生きる力を伸ばします。

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育部 教育センター
電話 042-793-2481
ファックス 042-791-0359

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/20

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年04月15日