ヒブ

ヒブとヒブワクチンについて

ヒブによる髄膜炎は5歳未満人口で年間約400人に発症しているとされています。ヒブワクチンは「インフルエンザ菌b型」略してHib(ヒブ)という細菌の感染に対する予防接種です。

対象者及び標準的な接種間隔・回数

接種を開始する年齢によって、接種回数は異なります。

接種開始:生後2か月以上7か月未満

標準的には27日~56日間隔で3回接種、その7~13か月後に追加接種を1回
ただし、初回2回目及び3回目の接種は、1歳未満で接種することとし、それを超えた場合は接種は行わない。この場合、追加接種は実施可能ですが、初回接種に係る最後の注射終了後、27日以上の間隔をおいて1回接種します。

接種開始:生後7か月以上1歳未満

標準的には27日~56日間隔で2回接種、その7~13か月後に追加接種を1回
ただし、初回2回目の接種は、1歳未満で接種することとし、それを超えた場合は行わない。この場合、追加接種は可能ですが、初回接種に係る最後の注射終了後、27日以上の間隔をおいて1回接種します。

接種開始:1歳以上5歳未満

1回のみ接種

対象者及び標準的な接種間隔・回数を表したイラスト

実施医療機関

町田市内の指定医療機関(以下のページをご覧下さい)

八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内の指定医療機関(以下のページをご覧ください)

やむを得ず町田市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市・相模原市内の指定医療機関以外で定期予防接種を希望される方は、接種の10日前までに保健予防課へご連絡下さい。(電話:042-724-4239)

診療時間等はこちらをご覧ください

各医療機関の情報を掲載しています。

「のびっこ」第6章にて一部医療機関の診療時間及び予防接種の時間帯を掲載しています。
掲載されている情報は変更になる場合があります。

接種方法

事前に医療機関へ予約し、母子健康手帳を持参して接種してください。

母子健康手帳の持参がないと、原則として接種できません。

個別通知時期

生後1か月になる月の末ごろ

(町田市における予防接種の受け方についてのご案内も同封します。)

関連情報

各予防接種に関する情報を提供しています。

その他の定期の予防接種

この記事に関するお問い合わせ先

保健所 保健予防課 保健予防係
電話 042-724-4239
ファックス 050-3161-8634

このページに関するご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/cgi-bin/inquiry.php/13

市へのご意見については、こちらからお問い合わせください。

https://www.city.machida.tokyo.jp/shigo/index.html

更新日:2018年05月31日